N Training Academy

2021年9月の「N’TrainingAcademy for Swimming」

N’Training Academy トレーナーの鈴木紀雄です。

2021年9月の「N’Training Academy for Swimming」の活動報告をさせて頂きます。

N’Training Academy for Swimmingとは、スポーツクラブ&スパ ルネサンス経堂にて、ジュニアスイミング選手/選手育成クラスに向けて週1回開催しているフィジカルトレーニングアカデミーです。
「N」は鈴木紀雄の「N」でございます。】

8月のN′Training Academyに続き、9月も心肺機能向上を目的とした内容で、その際、実際のレースと同様心拍数が高い状態でしっかりと身体の軸を保つ筋力を発揮できるよう強化しました。

と、これは競泳のタイムを速くするためのトレーニングのお話になるわけですが、そのためにはトレーニングの質をいかに高められるかが重要になってきて、その質を高めるには「ウォーミングアップ」が更に重要になるんですよ。

メインのトレーニングに意識や力を注ぐあまり、ウォーミングアップって軽視される傾向ってあるんです。

でもそれはダメ。

何のために何があって・・・をしっかり紐解いていけば自ずとウォーミングアップもしっかり取り組むというところに行き着くはずなんです。

ということで、メニューバリエーションとしては十数種目ある中で毎回その場で数種目チョイスして行うのですが、ある時のウォーミングアップはこんな感じです。

こういったことをウォーミングアップとしてしっかり実施できると、身体が温まることはもちろん、関節可動域が広がる、左右差が調整されるといったプラスの要素がもたらされ、→良い軸で全力で競泳の練習や陸でのトレーニングに打ち込める→レースでの好タイムに繋がるという流れを生むことができるのです。

たかがウォーミングアップ、されどウォーミングアップ。本当は重要なのに高い意識が向けられにくいところに注力することで、レースで競うライバルに差をつけることもできますよね。

今年も残すところあと3ヶ月ほどになりましたが、選手達の動きの質はここにきて更に上がっています。ここまでの流れを大切にし10月も丁寧に仕上げていこうと思います。

ではまた。

ブログ
「NORINORI LIFE ~からだの悩みを解決して楽しく快適な毎日にしよう~」はこちら

関連記事

  1. 休養メソッド「組織の健康~交互浴~」
  2. パーソナルトレーニング3つの形
  3. スプリットスクワットの理想のフォーム~フロントアングル~
  4. 休養メソッド「組織の健康~セルフストレッチ~」
  5. ルネサンス仙台南光台クラブにて
  6. 2018年6月のN’Training Academy…
  7. 書籍写真撮影
  8. サプリメントで補うべきは

コラム

PAGE TOP