N Training Academy

2018年7月のN´Training Academy for Swimming選手育成クラスを開催しました!

N´Training Academyトレーナー鈴木です。

台風一過とはいえ、先日までの36℃超えにはなっておらず、湿度は高いものの温度的には幾分か過ごしやすくてなによりです。(30℃超えにはなっているのに過ごしやすいと感じてしまうのが怖い・・・)

さて、7月のN´Training Academy for Swimming選手育成クラスを開催致しました。
(N´Training Academy for Swimming
とは、スポーツクラブ&スパ ルネサンス経堂にて私が開催している、ジュニアスイミング選手/選手育成クラスに向けた各クラス月1回1時間30分のフィジカルトレーニングアカデミーになります。
開始からはや4年目が終わろうとしています。)

競泳の選手達は年間通して数多くの大会に出場していますが、特にこの6~8月というのは主要の大きな大会や合宿などもある為、ハードになる期間と言えます。

そんな事情からも今回は担当コーチから、Academyで月を重ねる毎にアップデートしていっているチームトレーニングメニューを行う頻度がここ最近減ってしまっていることから、今一度その内容をチェックして総括してほしいとの要請が事前にありました。

よって、今回は「今行っているトレーニングメニューのフォーム修正とクオリティの向上」ということになります。

嬉しかったのは、参加者全員がそれぞれAcademyで提供しているメニューを、日々やれる範囲でしっかりやってくれていることが明らかに見てとれたことです。

だからこそ、今回は私が見て回って修正していくのに加えて、エラーの動きの傾向を皆で共有して、自身でどう修正するかのテクニックをつかんでもらうところまでいきました。

でないと、普段しっかり取り組んでいるのに余りにももったいなすぎますからね。
少しのエラーや癖であっても積もり積もれば修正しにくくなってしまったり、パフォーマンスの方に悪影響を及ぼしてしまうことにもなりますからこの辺りは要注意です。

水泳の練習の前そして後に行うメニュー全てのチェックを行ったので結果として1時間半を少し回ってしまうことになりましたが、そんな中でも最も時間を費やしたのはやはり「姿勢作り」でした。

とにもかくにもここがおさえられていないと、強化もなにもあったものではありませんからね。

気付いたら姿勢作りに時間を費やしていたという感じです。

とはいえAcademy開始当初に比べれば姿勢はかなり良くなりましたけどね。

しかし、一度ある程度の形になった種目でも、時間の経過と共にご自分の癖が出たり、やり易いようにアレンジしてしまう様な流れは大なり小なり起きてしまうもの。

よって、車と同じで定期点検が必要というわけでして。

そんなことを繰り返していきながら、今より更に大きく高性能な車に乗り換えていってもらえたらと思います。
(笑)

ではまた。

関連記事

  1. 2019年度のパーソナルトレーナー研修がスタート!
  2. 2020年10月の「N´Training Academy for…
  3. 2018年1月のN’Training Academy…
  4. 2020年6月のN´Training Academy for S…
  5. 2020年1月のN´Training Academy for S…
  6. 2018年2月のN´Training Academy for S…
  7. adidas FUNCTIONAL TRAINING 講師として…
  8. 2018年5月のN´Training Academy for S…

コラム

PAGE TOP