N Training Academy

2018年5月のN´Training Academy for Swimming 開催報告

N´Training Academyトレーナーの鈴木です。

ゴールデンウィーク最終日の6(日)、N´Training Academy for Swimmingを開催致しました。

(※N´Training Academy for Swimmingはスポーツクラブ&スパ ルネサンス経堂のジュニアスイミング 選手/選手育成クラスの選手に向けた、月1回(それぞれ1時間30分)の陸上で行うフィジカルトレーニングAcademyです。
改めまして「N」は私NORIOの「N」でございます)

今月も選手/選手育成クラス共に同日開催となり、内容はそれぞれ

●選手育成クラス

「栄養Academy(後半)」

●選手クラス

「チームトレーニングにおける新種目/変更種目の習得、
チェックシートを使用したバーベルスクワットのフォームチェック、
レース本番を意識したサーキットトレーニングの実践」

でした。

その内容をもう少し細かくご説明致しますと、選手育成クラスは、主要の大きな大会を迎えるに当たって「栄養」への理解を深める為に設けた「栄養Academy」の「後半」となり、4月に開催した「前半」とセットになっております。

加えて、先月提出してもらった
それまでつけている各自の1ヶ月分の食事ノートというものがあり、私が赤ペン添削し総括をいれておいたので、そちらをもとに1人1人と個人面談も行って意識の強化を図りました。

選手クラスの方はというと、主要大会が迫ってきたとはいえ、まだまだそののびしろを伸ばすべく、新たなトレーニングスキルの習得とフィジカル/メンタル強化を兼ねたトレーニングの実施に重きを置きました。
(※ちなみに選手クラスも数年前に「栄養Academy」は実施しております。)

選手育成クラスの選手達は年齢的にも栄養について内容的に難しい部分もあったとは思いますが、その様な中でもメモを取ったりしながら真剣に聞いてくれていました。
「人間は口から入れたもので動く」ので、これからのパフォーマンスアップに役立てて貰えたら嬉しいですね。

選手クラスの選手達は、最もびっくりしたのが、私の知らぬ間に伸ばしてくれていたバーベルスクワットの使用重量に加えて、その器具の扱い方がいたについてきたことです。
その姿たるや、もういっぱしのトレーニーですね。

以前はおっかなびっくりしていた子達がてきぱきとセッティングをして、アップからメイントレーニングをきっかりこなす姿には男女共に「たくましさ」を感じました。

主要大会目前、両クラス共にとても良い雰囲気です。

この調子で6月に繋げて参ります。

関連記事

  1. 2019年11月のN´Training Academy for …
  2. 2019年5月のN´Training Academy for S…
  3. 2021年1月の「N´Training Academy for …
  4. 2019年2月のN´Training Academy for S…
  5. 2020年2月のN´Training Academy for S…
  6. 2020年5月のN’Training Academy…
  7. 2020年4月のN’Training Academy…
  8. 2018年4月のN´Training Academy for S…

コラム

PAGE TOP