N Training Academy

2018年2月のN´Training Academy for Swimming を開催しました。

N´Training Academy トレーナーの鈴木です!

早いもので2018年も早くも2月にはいっております。

さて、そんな2/4(日)は、N´Training Academy for Swimming 選手育成クラスの開催日でした。
選手クラスは大会が詰まっている為、2月はお休みです。
(※私はN´Training Academy for Swimmingとして、ルネサンス経堂のジュニアスイミング選手/選手育成クラスのフィジカルトレーニングを担当させて頂いております。
ちなみに「N´」は「NORIO」の「N」でございます。)

選手育成クラスは、先月の1月開催を迎えるに当たり、スタートから数えてちょうど3年目に入りました。

選手育成クラスは選手クラスに比べ年齢層も低くなる為(一番年下の選手で小学2年生~3年生)、内容の進行スピードの方もややゆったりめとはいえ、これまでを経たその成長ぶりには改めて驚かされましたね。

例えば、Academy内で実施する数あるトレーニング種目のそのフォームについて言えば、ほぼ80点以上あげられる位のクオリティに至っています。

しかしその反面、「細部」に関してはまだ改善の余地ありといったところもあります。

例えば、水泳という競技特性上、遠くの水をかくといった意味でも、陸上のトレーニング中から指先まで注意を行き届かせる事ができるか、とか、自分では大きく動いているつもりでも本来求めている動きの大きさの3分の2位にとどまってしまっている、等々。

大きなくくりで言うと80点をクリアできていたとしても、細部が改善されないまま放置されてしまえば、3ヶ月後もそれはやはり80点のままです。

その細部の改善を積み重ねていくことが、後々今年の主要大会で競い合う他の選手達との記録に差をつけることや、過去の自分の最高記録を上回ることに繋がる。

そんな事をAcademyの最中につくづく感じもしたので、締めくくりにはその旨を選手に伝えました。

これだけ能力があるのに、詰めを怠ったが為に結果が出ないとしたらもったいないですからね。

この2月のAcademyでの修正そして新しい種目の追加をもとに次月どれくらい変化できているか、また次月会えるのを今から楽しみにしている次第です。

ではまた。

関連記事

  1. 2019年5月のN´Training Academy for S…
  2. オンラインフィットネスセミナーを開催しました!
  3. 2019年12月のN´Training Academy for …
  4. セミナーにてN´Training Academyの活動事例をご報…
  5. オンラインフィットネスセミナーを開催しました!
  6. JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会 東京都予選 …
  7. 2019年9月のN´Training Academy for S…
  8. 2019年度のパーソナルトレーナー研修がスタート!

コラム

PAGE TOP