N Training Academy

2020年11月の「N´Training Academy for Swimming」

トレーナーの鈴木紀雄です。

2020年11月の「N´Training Academy for Swimming」の活動報告をさせて頂きます。
【N’Training Academy for Swimmingとは、スポーツクラブ&スパ ルネサンス経堂にて、ジュニアスイミング選手/選手育成クラスに向けて週1回開催しているフィジカルトレーニングアカデミーです。
「N」は鈴木紀雄の「N」でございます。】

前回までのご報告では、6月から競泳の練習そしてAcademyが再開し、コロナ禍で開催が見送られていた大きな大会もようやく9月に開催となり、その大会でなんと選手全員が自己ベストタイムを更新したことにふれました。これ自体はとても喜ばしい結果である反面、注意すべき点として、苦境でも精一杯努力して好成績を出したことで選手達がバーンアウトしてしまう可能性についても前回お伝えしました。(※2020年10月の「N´Training Academy for Swimming」の活動報告)

結果から言うと、現状、その心配は無用の様です。(笑)

その後、小さな大会も一定数開催されるようになり、繰り返しこなすことでペースをつかみ、モチベーションも良い感じで維持できています。

その様な中、今月主に強化している内容は「プライオメトリクス」というトレーニング。

簡単に言うと、瞬時に大きな力を出す為のトレーニングで、「瞬発力」の強化。競泳では「スタート」や「ターン」のパフォーマンスアップに貢献してくれます。

但し、この類のトレーニングは、いくら瞬発力を高めたいからと言っていきなり導入できるようなものではありません。何故なら土台となる「筋力」がないと成立しなく、それがない状態で行えば「怪我」に繋がる可能性が高まるからです。

そういった意味では、「筋力・柔軟性・安定性・正しい姿勢」といったパフォーマンスアップに必要な土台となる要素を年単位で今まで継続して高めてきていますから、選手達は充分にこなせるレベルにいると言ってよい状態で、それに伴いやはり内容の方も今月予定していた通り進行することができました。

次月はいよいよというかもう12月。

今月の内容の応用編も交えながら選手たちのフィジカルレベルを上げ、タイムに繋がるよう尽くそうと思っています。

ではまた。

ブログ
NORINORI LIFE ~からだの悩みを解決して楽しく快適な毎日にしよう~」はこちら

関連記事

  1. 書籍写真撮影
  2. ルネサンス野田クラブにて
  3. 座り姿勢で腰の負担軽減 腰の負担を軽減する座り姿勢について|N’ Training Ac…
  4. コロナウイルス対策として
  5. オンラインフィットネスセミナーを開催しました!
  6. ロコモティブシンドロームのチェックをしてみましょう
  7. 膝痛 膝痛で確認してみて欲しいこと ~関節の特徴あれこれ~
  8. 2021年2月の「N’Training Academ…

コラム

PAGE TOP