N Training Academy

2019年8月/9月のN´Training Academy for Swimming「選手クラス」

N´Training Academy トレーナーの鈴木です。

N´Training Academy for Swimming 「選手クラス」について改めてご報告させて頂きます。
(※N’Training Academy for Swimmingとは、スポーツクラブ&スパ ルネサンス経堂にて、ジュニアスイミング「選手クラス」「選手育成クラス」に向けてそれぞれ月1回(1時間30分)開催しているフィジカルトレーニングアカデミーです。
「N」は鈴木紀雄の「N」でございます。)

この度6月より、選手クラスにつきましては、更なるフィジカルレベルの強化を図るべく、今までの月1回開催から毎週開催(30分間ずつ)に移行しました。

よって、選手達の陸上でのトレーニングを毎週見ることができる上にコミュニケーションも以前と比べ密に取れ、より一人一人に目が行き届きやすくなりました。

7月8月に関しましては、メインシーズンであるため主要大会が開催されたことから、Academyの方では選手達の疲労度を考慮して、セルフストレッチの確認に重きを置きました。

以前に落とし込んで覚えてもらっていたはずの内容も、こうして毎週見ながらチェックしていると各選手抜けもれがあるところも見受けられ、随時拾うことができます。

そこも含めて再度徹底的に全体を通し体系化してものにすることに9月も引き続き取り組みました。

今までもそうですが、基本的な流れとしては、私がAcademy(スイミングコーチも参加)で選手達に落としこんだ内容を、スイミングの練習の後にコーチと一緒にやりこみ(私も時間が許される限りチェック)次のAcademyを迎えるというものなのですが、コーチが忙しくついてあげられない時に選手達だけになると、やるべきことに戸惑っている様子が最近特に見受けられました。

よって、今シーズンのポイントは、
選手達が、トレーニングについて
「主体的に取り組む」
「考え判断し自ら動く」
能力も身に付けることにあると思っています。

早速その土台作りに取りかかっていますが、感触は良く、この積み重ねをしっかり行っていけば、今までの歴代の選手とはまた違った選手に仕上がるでしょう。

代が変わって顔ぶれも変わればチームのカラーもまた然り。
それがチームの良いところでもありますね。

選手達の成長が楽しみです。

ではまた。

関連記事

  1. 2020年8月の「N´Training Academy for …
  2. 2020年2月のN´Training Academy for S…
  3. 小学校にて講師を務めさせて頂きました。
  4. 2018年10月のN´Training Academy for …
  5. 2018年12月のN´Training Academy for …
  6. 2018年5月のN´Training Academy for S…
  7. ルネサンス仙台南光台クラブにて
  8. 2018年2月のN´Training Academy for S…

コラム

PAGE TOP