ブログ

食事ノートのすすめ

N´Training Academyトレーナーの鈴木です。

フィットネスの目的は、膝/腰痛予防・改善、姿勢改善、趣味のスポーツのパフォーマンス向上、筋肉をつける、筋力をつける、疲れにくい身体になりたいなど、人により様々です。

そして、これらと平行して必要性があったり、単独でご希望なさる目的としても最も多いのは「ダイエット」ではないかと思います。

このダイエット、定期的な筋力トレーニングが効果を出すことは言うまでもありませんが、それと同じ位に大事なのが「食事調整」になります。

そこで、私のセッションでは、トレーニングメニューの進行はもちろんのこと、食事、サプリメントなど、栄養摂取についてのアドバイスも行っており、その際にダイエット効果を倍増させるツールがあります。

それは「食事ノート」

これは◯月◯日◯時に何を食べた、といった内容(トレーニング時間も)をお客様が記入していくものになります。
食事以外のお菓子を始めとした間食類、ジュースやお酒など全てを記入していきます。
巷ではレコーディングダイエットなんて言い方をしたりしていますね。

私とのセッションの最初に、1週間つけてきて頂いた内容を私が赤ペン先生をしていきながら、週ごとに改善を図っていくというものです。

これ自体はもちろん強制ではなく、ご希望があったらご協力するものですが、ダイエット意欲の強い方ほど自らご希望なさいますかね。

こういう方ほど、私がお手間を取らせて申し訳ないと恐縮する位にこと細やかな内容を記録しておいてくれたりするんです。

例えば、食材の㌘数とかですね。

ただ、この位やられる方は確実に効果が出ます。

そして、ダイエット効果が出る前から、というか食事ノートをつけ始めて間もなく「食事ノートを始めてよかった」「食事ノートをつけるようになって自分の現状を知ることができた」といったことを必ず仰るのです。

それ位、ご自身が何となく頭の中で把握していた食事と、いざ書き出した食事との間にギャップがあるのでしょう。

ダイエットがある程度の結果が出た後には、私からは「書き続けるのも大変でしょうから、暫くの間食事ノートはお休みにして気分転換といたしましょうか。」なんてお声がけをしたりもするのですが、これが意外にも「いや、続けさせてください!」と仰る方は少なくないのです。

もうこれはダイエットに関して、いかに食事ノートが効力を発揮しているかを物語っていますね。

ダイエットが必要な方々は沢山いらっしゃると察します。

この「食事ノート」、是非お試しください。

必ずや皆様のダイエットを成功へと導いてくれるでしょう。

ではまた。

関連記事

  1. 休養メソッド「組織の健康~交互浴~」
  2. ロコモティブシンドロームのチェックをしてみましょう
  3. 2021年3月の「N’Training  Acade…
  4. この外出自粛期間で気を付けるべきこと
  5. 失ってはいけない動作
  6. ローカーボ(低糖質)ダイエット成功のコツ
  7. 1日の中にも休養を
  8. オンラインフィットネスセミナーを開催しました!

コラム

PAGE TOP